JAL、新たな中距離LCCの概要発表、名称は「ZIPAIR(ジップエア)」、バンコク、ソウルの2路線で事業許可申請、社員募集も開始

日本航空(JAL)の国際線中距離LCC準備会社「ティー・ビー・エル」(TBL)は、エアラインブランド名を「ZIPAIR(ジップエア)」に決定したと発表した。あわせて社名を株式会社ZIPAIR Tokyo(ジップエア トーキョー)に変更。事業地域を日本及びアジアとし、まずは運航路線を成田/バンコク線、成田/ソウル線として2019年3月8日、国土交通省に航空運送事業許可申請を行なった。ボーイングB787-8型機で、2020年夏期スケジュールの運航を目指す。

ブランド名のZIPAIRは、英語で矢などが素早く様子を表す擬態語“ZIP”を用い「フライトの体感時間が短い」エアラインであることを表現。社名にはエアラインのベースであり、世界でも有数のカルチャー発信都市でもある「東京」を冠した。

ロゴマークは既存のアプローチとは別の視点で開発。フォントにローマン体を採用するなど、今までのエアラインにはない佇まいや雰囲気を意識した。ブランドロゴ「Z_」は、「ZIP」の頭文字の「Z」と「AIR」を表現する空白「_」で構成。この空白を「Infinite Blank(インフィニット・ブランク=無限の空白)」と名付け、「究極のその先を目指すエアラインであり続けるために、変わり続ける時代とお客様の真のニーズに応えるサービスを無限に追求し続ける」という思いを込めたという。

コーポレートカラーはメインカラーをグレー(ハーモニー・グレー)とし、「コストと満足度の調和」を表現。サブカラーはグリーン(トラスト・グリーン)とし、「安全運航・定時運航などの高品質なオペレーション」を示した。

なお、ZIPAIR Tokyoでは4月から、社員募集を開始する予定。職種別の募集ではなく、客室乗務員業務を中心に空港旅客サービス業務やサービス企画業務など、幅広い分野に携わる社員を募集する。詳細は本日開設した同社のホームページへ。


みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。