ウィラー、シンガポールで自動運転の商用化へ、現地カーシェア事業者らとコンソーシアム設立

ウィラー(WILLER)は2019年5月14日、シンガポールで自動運転の商用化に向けたコンソーシアムを設立した。在シンガポール子会社WILLERSと現地のカーシェアリング事業者「カー・クラブ(CCPL)」、シンガポールテクノロジーエンジニアリング社(STEL)の三社連携で展開するもの。

第一弾として6月中旬より、先ごろ開園したばかりの国立公園「ジュロン・レイク・ガーデン」にて、実証実験を行う計画だ。範囲は、SMRT・Lakeside駅から海岸南部にある駐車場までの約2.5キロ。アプリを通じて基本運行ルート上の自分がいる場所から目的地までをオンデマンドで移動する。

同プロジェクトでは、自動運転技術を利用した運行サービスの商用化を目標に、車両の利用者や公園来園者や近隣の人々による需要度や潜在ニーズなどを把握。アプリを利用した運行サービスの改善点も評価する予定となっている。

車両寸法は全長4.75m、全幅2.11m、全高2.65mで最高速度は25km/時間(物理的可能最高速度40km/時間)。定員は15名(座席数11)。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。