世界のサッカーファンの旅行意識2019、観戦のために「休暇を変更する」が47%、「移動に11時間以上もOK」は10人に1人 ―エクスペディア調査

エクスペディア・グループはこのほど、サッカーファンを対象とする旅行動向を調査した。それによると、約半数を占める47%が「サッカーの試合に合わせて休暇を変更することがある」と回答。10人に1人は「自分が応援するチームを観戦するために11時間以上移動してもかまわない」と思っていることが分かった。

もっとも人気の旅行先は、リオネル・メッシ選手の本拠地バルセロナで、調査対象となった世界中のサッカーファンの3割が支持。そのうち15%がサッカーファンの聖地として知られる「カンプ・ノウ」スタジアムを訪問したいとしている。

また、イギリスでは2割の回答者が、マンチェスター・ユナイテッドFCの本拠地であるマンチェスターに行きたいと回答。11%は、同チームのホームスタジアム「オールド・トラフォード」でのゲーム観戦をしたい答えた。

宿泊先の選定についても、サッカーファンはこだわりがある。アウェイゲーム観戦で旅行する場合、スタジアムに近い宿泊施設を予約したいとの回答が半数以上(52%)。宿泊先の決定要因は、無料の朝食(35%)、市街地までの距離の近さ(34%)、24時間チェックインが可能なこと(31%)。つまり、多くのサッカーファンは、観戦する以外に旅行先での観光や買い物を予定。食事の面では、地元でのレストラン検索を経験したことがある人は46%。地元のストリートマーケットでの食事を試したことがある人は39%に及んだ。

なお、同調査では、ウソをつくなどして家族との約束よりも応戦するチームの観戦を優先した人が一定数いるも判明。「家族の誕生日に留守にした」(25%)、「親との夕食をすっぽかした」(12%)、「試合のために結婚式に欠席した」(11%)といった声が聞かれたという。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。