ナビタイム、新アプリ「どこでもサイクル」提供へ、レンタル自転車のポートや利用可能台数などチェック可能に

ナビタイムジャパンは2019年7月、シェアサイクル・レンタサイクル検索アプリ「どこでもサイクル」を提供開始する。アプリでは、複数の事業者が提供するポートの位置やリアルタイムの貸し出し可能台数を確認可能に。ポートの検索や事業者の絞りこみのほか、各事業者が提供する予約サービスへの導線も提供することで、1つのアプリで簡単にシェア・レンタル自転車を活用できるようにした。

ポートの詳細画面では、現在地からそのポートまでの所要時間について、徒歩と公共交通機関、自転車を利用した場合をそれぞれ表示。同社の総合ナビアプリ「NAVITIME」と自転車用ナビアプリ「自転車NAVITIME」と連携することで、ルート表示や音声案内も可能となる。

初回リリースでは、シェアサイクルサービス「bike share service」「PiPPA」と連携。全国のレンタサイクルのポート位置や所有台数なども整備していく。

ナビタイム:報道資料より

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。