JR東日本、駅ナカの飲食店やトイレの混雑解消へ、空席情報サービスのスタートアップと協業

JR東日本のCVC(コーポレートベンチャーキャピタル)のJR東日本スタートアップ社は、空席情報配信サービスを提供するバカン社と、資本業務提携に合意した。

バカン社は2017年度のJR東日本スタートアッププログラム「アクセラレーションコース」の採択企業。「いま空いているか、1秒でわかる優しい世界。」を目指し、IoT、AI(人工知能)を活用した、レストランやカフェ、トイレ、駐車場、空港保安検査場などの混雑情報を、サイネージやスマホに表示するサービスや、弁当販売の空き状況を見える化して事前注文と決済を行ない、店舗で受取ができるサービスを提供している。

JR東日本とも、混雑しやすい施設での実証実験や東京駅の飲食店での導入を行ない、利用客からも好評を得た。駅ナカでのニーズの高さを確認できたとし、資本業務提携によって本格的な事業化を目指していく。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。