西武鉄道とヤフー、ビッグデータとAI活用で混雑予測、予報サイトを新設で実証実験

西武鉄道とヤフー・ジャパンは、2019年夏、ビッグデータとAI(機械学習)を活用し、鉄道の混雑予測を発信する実証実験を実施する。通勤時間帯の利用が多い池袋駅、西武新宿駅、高田馬場駅、国分寺駅と、野球が開催されるメットライフドームの最寄り駅である西武球場前駅の5駅が対象。平日朝の混雑レベルや混雑が予測される時間帯を表示するなど、ピーク時間帯以外の移動を促す。期間は2019年8月19日~9月20日の33日間。

乗換検索サービス「Yahoo!乗換案内」などで蓄積した路線検索履歴のビッグデータを個人が特定できないよう統計化したうえで、AIによる解析を行い、駅ごとの混雑パターンを推計。西武鉄道の駅別、時間別の降車人数データをかけ合わせることで、より高精度な混雑予測を実現する。混雑予測は、西武鉄道ウェブサイト内に新設する「混雑予報サイト」で発信する。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。