NTTデータ、お盆の渋滞をAIで予測、「乗換MAPナビ」で実証実験、高速道路の渋滞予測を5分間隔で

NTTデータは2019年8月8日から、最新の道路状況に基づくAI近未来渋滞予測の実証実験を開始した。エムティーアイが運営する交通情報総合アプリ「乗換MAPナビ」に「渋滞予測」欄を設け、AIを活用した30分後と60分後の高速道路渋滞予測情報を表示。5分間隔で予測することで、ユーザーの渋滞回避につなげる。

提供期間は2019年8月8日~12月31日(予定)。Android版「乗換MAPナビ」を使用するすべてのユーザーが無料で利用できる。

NTTデータが、最新状況をもとにAIを活用した予測の実現に向け、こうした検討を開始したのは2018年から。従来の渋滞予測情報は、過去の道路状況、渋滞情報による「これまでの傾向からこのような未来だろう」という予測に基づいてルート検索を提供していたため、突発的に発生する事故、道路規制などを反映できないのが課題だった。

今後は、今回の実証実験で有効性や市場ニーズを検証し、2020年度をめどに提供範囲を一般道路にまで拡大する計画。さらに、天気、自動車・携帯から送られる位置情報、施設 の混雑状況、人の流れ、ユーザーの行動傾向といった多角的な情報をAIで分析することで、一人ひとりの好み・特性に合った最適なサービス提供を目指す。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。