マイナビ、出張の一元管理(BTM)に参入、出張費用を節約した従業員ランキングなどコスト削減支援など

マイナビは、法人向け出張サポートサービス「マイナビBTM」を2019年11月1日から開始する。このサービスは、出張申請・手配・精算など出張に関わる業務を一元管理し、法人の社員業務効率化とコスト削減をサポートするもの。

出発地と目的地、日時を入力するだけで、宿泊施設や飛行機・新幹線を一括で検索することができ、出張旅費規程をあらかじめ設定しておけば、規定に沿った最適なプランの検索が可能になっている。最短5分で出張手配が完了。さらに、地図表示機能を使用して目的地から近いホテルを検索することもできる。

出張者は、ホテル代や航空券代など出張にかかった費用を会社に一括請求。立替払いをすることにより発生する精算業務がなくなることから、余分な手間や人件費を大幅に削減することが期待できる。また、毎月の出張費用を個人単位、部署単位で可視化。管理画面上で出張費用を確認・分析することで、経費の適正化が可能になる。さらに管理画面上では出張費用を節約した従業員ランキングを確認する機能も搭載した。

検索条件画面(報道資料より)出張管理ダッシュボード(報道資料より)

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。