HISグループ企業が食品ロス解決サービス、コミュニティ・ストアと連携、アプリで情報提供へ

エイチ・アイ・エス(HIS)グループのみなとくは、コミュニティ・ストアを展開する国分グローサーズチェーンと連携し、食品ロス解決サービス「No Food Loss」を実験導入する。「No Food Loss」は販売期限や季節限定パッケージなどを理由に、食用可能にもかかわらず廃棄するお得に購入してもらうスマートフォン向けのクーポンアプリ。2019年10月1日には「食品ロスの削減の推進に関する法律」が施行されており、みなとくは「今後、コンビニだけでなく、パン屋やスーパーなどへもサービス拡大していきたい」としている。

国分グローサーズチェーンのコミュニティ・ストア豊島巣鴨店より開始し、順次導入店舗を拡大する。「No Food Loss」は2019年2月よりサービス提供しており、8か月で約1万2000食のロスを削減。購入金額の一部は、開発途上国の子どもたちに給食費として寄付されている。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。