JR東日本と中国大手OTA「Trip.com」、中国市場向けに春節期間の訪日プロモーション、ファミリー層を対象に冬アクティビティで

JR東日本とTrip.com Groupは、今年4月に調印した戦略的提携の第一弾として中国市場に向けた冬の東北プロモーションを開始した。中国国内に3億人の会員を持つ「Ctrip」のアプリおよびウェブサイトと、JR東日本が中国市場向けに設定する冬のウェブサイトで、スノーアクティビティなど旅のコンテンツの情報を発信する。

期間は2020年1月24日までで、春節期間の旅行を計画する中国のファミリー層をターゲットにする。

Ctrip のアプリとウェブサイト上でバナーなど設置や航空券購入者へのクロス宣伝などを行い、東北エリアを含む鉄道パスなどへの 販売ページへ誘導を実施。また、期間中 Ctrip の公式 WeChat や Weibo で東北の回り方や遊び方の情報を集めた「攻略記事」を配信し、東北の楽しみ方を伝える。

一方、JR 東日本の中国市場向けウェブページでは、青森と仙台を主な目的地とするJR 東日本の訪日旅行者向けパスを利用した旅程を提案。スノーアクティビティやおすすめスポットを動画や画像を活用して紹介する。また、ウェブページ内にはCtrip アプリやCtripウェブサイトへのリンクボタンを設け、Ctripアプリと連動させる。さらに、中国市場向けのビッグデータを活用し、全人口の約10%と言われる中国人のパスポート保有者に向けた広告配信を実施していく。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。