中国の個人旅行者の観光目的トップは「お花見」、中国大手OTAの個人ツアー予約は3倍に、人気急上昇都市は「高松」

Trip.comグループ(旧シートリップ)は、中国の海外個人旅行客(FIT)の新しい旅行の好みと消費状況をまとめた「2019年訪日中国人FIT観光客動向レポート」を発表した。このレポートは、Trip.comグループ傘下のCtripの海外個人旅行向けセミダイナミックパッケージ、ダイナミックパッケージ、現地ツアー・観光スポットのチケットの予約データに基づくもの。

レポートによると、2019年の日本旅行はFITが主流のひとつとなり、 Trip.comグループのFIT商品による訪日中国人観光客数は前年比46%増、ツアーの申込数は3倍に増えた。FITの間では「爆滑り」が新造語になるなど、体験型消費を求める傾向が一層強くなっており、 なかでも、「雪見とウインタースポーツ」「着付け体験」「グルメ巡り」の人気が大幅に上昇した。

訪日中国人観光客の観光目的の人気トップ10は以下の通り。

  1. お花見
  2. 紅葉狩り
  3. 温泉
  4. 雪見とウインタースポーツ
  5. 離島バケーション
  6. 着付け体験
  7. グルメ巡り
  8. 神社仏閣への参拝
  9. テーマパーク
  10. コンサート/ショー観賞・スポーツ観戦

また、中国人FITの人気旅行先は大阪が1位となったが、旅行先は日本の各地に拡大しており、人気が急上昇した都市では高松がトップとなった。

人気旅行先トップ10は以下の通り。

  1. 大阪
  2. 東京
  3. 沖縄
  4. 札幌
  5. 名古屋
  6. 福岡
  7. 高松
  8. 鹿児島
  9. 京都
  10. 仙台

人気急上昇都市トップ10は以下の通り。

  1. 高松
  2. 神戸
  3. 佐賀
  4. 仙台
  5. 伊豆
  6. 松山
  7. 熊本
  8. 名古屋
  9. 鹿児島
  10. 札幌

人気観光スポットで1位となったのはユニバーサル・スタジオ・ジャパン。以下、東京ディズニーランド、海遊館、東京タワー、レゴランド・ジャパンと続いた。このほか、人気はデパート・店舗では、高島屋がトップで、近鉄百貨店、ビックカメラ、小田急百貨店、大丸と続いた。

このほか、Trip.comグループ「2019年オンラインビザ申請データレポート」も発表。Ctripが提供しているビザ申請代行サービスによると、利用者うち4人に1人以上が日本行きのビザを申請。2019年の訪日ビザ申請代行サービスの利用者数は前年比で28%増加し、そのうちマルチビザの申請者数は同87%増加となった。

傾向として、1990年代~2000年代生まれの世代が増加し、4大都市(北京・上海・広州・深セン)以外の都市から訪日する観光客数も増加していることが分かった。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。