スマホECサイトで「応答速度が遅くて離脱」の経験は約6割、5秒未満で4割、一方で再訪して購入は8割に

ジャストシステムは、マーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」で、ネットリサーチサービス「Fastask」を利用して実施した「Eコマース&アプリコマース月次定点調査(2019年12月度)」の結果を発表した。本調査は17歳~69歳の男女1100名を対象にしたもの。

それによると、スマートフォンでのEC利用時に約6割に「応答速度が遅くて買い物をやめた」経験したと回答した。具体的には、購入意向があったにも関わらず、ECサイトまたはECアプリの応答速度が遅く、タップしても反応しない、ページが遷移しないといった理由から離脱したことが「頻繁にある」人は13.4%、 「ときどきある」人は44.1%で、合わせると57.5%に達した。

また、経験がある人の割合を年代別に見てみると、10代59.0%、20代67.0%、30代64.5%、40代58.5%、50代44.3%、60代37.0となり、20代と30代の6割以上が応答速度の遅さを理由に離脱した経験があることが分かった。

報道資料より

応答速度の遅さが原因で離脱した経験がある人に、離脱したときの平均的な時間を聞いたところ、「1秒未満」と回答した人は2.9%、「1~2秒未満」は6.1%、「2~3秒未満」は9.0%、「3~5秒未満」は18.4%。 ECサイトやECアプリが反応しなくなってから5秒未満であっても、 36.4%もの人が離脱していることが分かった。

応答速度の遅さが原因で離脱した経験がある人のうち、 その後、ECサイトやECアプリに再訪して買いたかった商品を購入した経験が「頻繁にある」人は19.2%、「ときどきある」は63.3%で、82.5%が一度離脱したにもかかわらず、 購入に至っていることが分かった。「頻繁にある」と答えた人の割合を年代別に見ると、10代42.3%、20代32.8%、30代10.0%、 40代12.5%、50代3.7%、60代5.9%となった。

このほか、昨年末に開催された大手ECサイトのセール認知率は「楽天スーパーSALE」が50.3%で最も高く、次いで「Amazon Cyber Monday」(45.0%)、「Yahoo!ショッピング年末感謝セール」(25.1%)の順に。また、認知者のうち、実際に購入した人の割合が最も高かったのは「楽天スーパーSALE」(41.8%)、次いで「Yahoo!ショッピング年末感謝セール」(36.6%)、「Amazon Cyber Monday」(34.5%)の順となった。

なお、集計データとしてまとめた全135ページの調査結果レポートを「Marketing Research Camp」の自主調査レポートページ( https://marketing-rc.com/report/ )から、無料でダウンロードすることが可能。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。