京都市、公共施設にウォーターサーバー設置、マイボトル給水の促進でプラスチックごみ削減へ

京都市は、水道直結式ウォーターサーバーのレンタル事業を行うウォータースタンドと、「マイボトル等で利用できる給水スポット拡大に関する連携協定」を締結した。今後3年間で京都市内の市営・民間施設、神社仏閣など約1000ヶ所に同社のウォーターサーバーの設置を進め、マイボトルなどで給水できる環境を整備する。

京都市では,「ものを大切にするライフスタイル」への転換を進めるため、使い捨てプラスチックごみを削減する政策を推進。ウェブサイト「エコリンク」を開設し、「マイボトル推奨店・給水スポット情報マップ」を提供するなど取り組みを進めているところ。今回の連携協定もその政策の一貫。

連携協定の内容は以下の通り。

ウォータースタンドの取り組み

  1. 京都市内の施設に給水機「ウォータースタンド」提供、設置促進
  2. ペットボトル等の使い捨てプラスチック製品の使用抑制の啓発
  3. 京都市が主催するイベント等で、プラスチックごみ削減、マイボトル活用等の啓発

京都市の取り組み

  1. ペットボトル等の使い捨てプラスチック製品の使用抑制の啓発
  2. 京都市の施設への給水機「ウォ−タースタンド」設置促進
  3. 民間施設等へ給水機「ウォータースタンド」設置拡大に向けた広報等によるウォータースタンドへの支援

ウォータースタンドが設置するウォーターサーバー(報道資料より)

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。