マンダリン オリエンタル 東京、米有力誌の格付けでホテル・スパ両部門の5ツ星獲得

マンダリン オリエンタル 東京が、「フォーブス・トラベルガイド」が発表した2020年度格付けでホテル・スパの両部門で最高評価の5ツ星を獲得した。日本で唯一の6年連続となる。

同ホテルはマンダリン オリエンタル日本初のホテルとして2005年、東京日本橋に開業。館内デザインは森と水、日本の自然をモチーフに和の趣を取り入れており、東京を見わたす客室は50平方メートル以上のゆとりあるスペースとなっている。スパは足浴から始まり、熟練のセラピストがカウンセリングによって個人に合ったパーソナル・トリートメントを提案するのが特徴だ。

フォーブス・トラベルガイドは1958年創設。 2020年度は世界から268ホテル、79レストラン、85のスパが5ツ星を獲得している。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。