HIS決算、旅行事業は増収減益、新型コロナの影響で連結業績予想を下方修正 -2020年10月期第2四半期

エイチ・アイ・エス(HIS)は、2020年10月期第1四半期(2019年11月1日〜2020年1月31日)の連結業績を発表した。それによると、売上高は前年比6.6%増の1996億円、営業利益は同36.6%減の37億9100万円、経常利益は同17.5%減の42億8800万円、四半期純利益は同7.6%減の21億7700万円で増収減益となった。

このうち主力の旅行事業の売上高は同5.2%増の1753億2000万円、営業利益は同41.8%減の23億 7000万円。最大9連休となった年末年始に加えて、欧州・グアムの需要継続や、国内においては冬の沖縄キャンペーンが奏功した一方、香港・韓国の情勢不安による減少が見られ、全体では前期並みとなった。訪日旅行では、東アジアからの受客が厳しい競争環境に置かれ低調に推移。

法人事業では、日系企業に向けた海外進出支援事業を推進するとともに、地方自治体とのプロモーション事業も実施した。海外における旅行事業では、前期第3四半期連結会計期間より新規連結したRed Label Vacations Inc.による増収寄与があったものの、収益面においては、人件費等の費用増加により弱含みとなった。

ハウステンボスの売上高は同13.1%減の64億4700万円、営業利益は同63.7%減の6億4400万円。入場者数が、クリスマス時期の日並びや訪日観光客の落ち込みなどを受け、同2.8%減の688000人と減少した。

ホテル事業の売上高は同23.4%増の38億1100万円、営業利益は同21%増の3億1100万円。「変なホテル 関西空港」と、北陸地区に初進出となる「変なホテル金沢 香林坊」を開業するなど、「変なホテル」を中心に開発を進めた。

九州産交グループの売上高は同17.9%増の69億3400万円、営業利益は同72.6%増の3億1600万円。バス事業が堅調に推移したことに加え、2019年9月に開業した大型商業施設「SAKURA MACHI Kumamoto -サクラマチ クマモト-」が貢献した。

エネルギー事業の売上高は同56.7%増の62億9100万円、営業利益は同125.9%増の2億6800万円。電力小売事業において、販路拡大による契約数の増加、新たな取り組みとしてガスの小売りを本格化し電気とのセット販売を開始したことに加え、安定した調達環境も寄与した。

また、HISでは、新型コロナウィルスの感染拡大に伴う影響が2020年7月まで続くと仮定して、連結業績予想を下方修正。実際の終息時期によっては第2四半期及び通期の連結業績予想に影響を及ぼす可能性があるとしている。

また、ハウステンボスグループにおいては、2020年2月29日から2020年3月15日までテーマパークを臨時休園するが、影響額については現在算定中のため、連結業績予想には反映していない。

新たに発表された2020年10月期第2四半期(2019年11月1日〜2020年4月30日)の連結業績予想値は以下の通り。

報道資料より

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。