地域のデジタルマーケティング支援する新サービス、学べるコンテンツ、業務効率化ツールなどを提供

地域のITプロモーション企画・運営などを支援するデイアライブ社は、ウェブ・デジタルマーケティング支援サービス「SURGE(サージ)」のサービス詳細・プランを公開した。月4万円から、知識をつける「学べるコンテンツ」、業務を効率化する「便利なツール」、困った時に頼れる「直接話せるアドバイザー」の3つのサポートを提供する。サービス提供開始は2020年春の予定。

「学べるコンテンツ」では、まとまった時間が必要な動画ではなく、スライド形式で提供するため、空き時間などに自分のペースで学ぶことが可能。また、目的・ソリューション・レベルからコンテンツを探すことができるため、 困った時に必要な知識のみを得ることもできるようにした。

「便利なツール」では、ウェブサイト制作会社との調整や運用、SNSの活用、広告配信、データ分析などウェブ・デジタル担当者の現場での多岐にわたる業務をサポートする各種ツールを提供する。

「直接話せるアドバイザー」では、具体的な課題や悩みに対応するために、テレビ会議や訪問でのセミナーなど課題や相談内容にあった方法で、アドバイザーが直接サポートする体制を整えた。

プランは、Basic、Standard、Advancedの3つ。年間契約となり、1契約10アカウントまで利用可能。いずれも初期費用はかからない。

3種類のプラン(報道資料より)

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。