マリオット、アジア地域のホテルで「スマイル」のライトアップ、4月末まで「Light for Hope(希望の光)」

マリオット・インターナショナルは、世界が新型コロナウイルスの危機に直面しているなか、前向きな姿勢を広めたいという願いをこめて、4月末までの期間、「Light for Hope(希望の光)」と題して、アジア太平洋地域にある一部のホテルをライトアップする。

東京、宮崎、ソウル、上海、香港、バンコク、クアラルンプール、サイゴン、ジャカルタ、モルディブ、ムンバイなどにある270軒以上のホテルが客室に明かりを灯すことで、その外観にスマイルの顔のシンボルを描く。


みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。