キャセイ航空、成田、関西/香港線をデイリー運航に、6月21日から、国際線は復便傾向も平常時の5%にとどまる

image via Shutterstock.

キャセイパシフィックグループは、新型コロナウイルスの感染拡大による世界各国での出入国規制強化や旅客需要の減退がしばらく続くと予想されることから、2020年6月のネットワーク全体における供給座席数を平常時の約5%の水準とする。

日本発着路線については、6月の最初の3週間は、成田/香港線(CX521/520)を引き続き火・木・土曜日の週3便で運航し、6月21日から30日までは毎日1便のデイリー運航に増便。また、5月末まで運休予定となっている関西/香港線(CX507/506)を6月21日から30日までの期間、毎日1便でデイリー運航する。

日本発着路線以外では、6月1日から6月20日まで、香港発着のロンドン(ヒースロー)、ロサンゼルス、バンクーバー、シドニー、デリー線を週2便、香港発着の台北、マニラ、バンコク、ジャカルタ、ホーチミン、シンガポール線を週3便で運航。また、香港発着の北京、上海(浦東)、クアラルンプール線を週3便でキャセイドラゴンが運航する。

6月21日から6月30日の期間は、香港発着のロンドン(ヒースロー)、ロサンゼルス、バンクーバー、シドニー線を週5便、香港発着のアムステルダム、フランクフルト、サンフランシスコ、メルボルン、ムンバイ、デリー線を週3便、香港発着のソウル、台北、マニラ、バンコク、ジャカルタ、ホーチミン、シンガポール線を毎日1便で運航。キャセイパシフィックまたはキャセイドラゴンが香港発着の北京、上海(浦東)線を毎日1便で運航する。さらに、キャセイドラゴンは香港発着のクアラルンプール線を毎日1便で運航する。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。