観光施設でソーシャルディスタンス確保のひと工夫、動物ぬいぐるみを相席に、伊豆シャボテン公園でカピバラなどで

静岡県の伊豆シャボテン公園は、園内の「森のどうぶつレストランGIBBONTEI(ギボン亭)」で、カピバラやレッサーパンダのぬいぐるみを座席に置くことで来客同士のソーシャルディスタンスを確保する取り組みを実施する。

同レストランは2018年のリニューアル当初から、園内で人気の動物たちをモチーフとしたぬいぐるみが“お客様と相席”して和むひとときを演出していたが、新型コロナウイルス感染防止対策の一環で、来客同士が十分な距離を保てるようテーブルのレイアウトを変更。さらに、ぬいぐるみを置く位置も変え、自然にソーシャルディスタンスが確保できるよう工夫した。

かわいらしいだけでなく、人と人が離れていても閑散とした雰囲気を感じさせない仕掛けとなっている。

報道資料より

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。

注目観光局 セレクト5SPONSORED

トラベルボイスが注目する観光局の特設サイトです。ロゴをクリックすると注目観光局のインタビューやニュースを一覧することができます。

観光産業ニュース「トラベルボイス」編集部から届く

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…