カラカミ観光、非接触型ホテル運営システムを開発へ、テクノロジー企業と共同で他社提供も視野

リゾートホテルや研修特化型ホテルなどを展開するカラカミ観光は、 テクノロジーを活用した業務プロセスのデジタル化を推進するファウンダーズと、非接触型次世代ホテルオペレーションシステムの開発の検討を始める。

世界的な新型コロナウイルスの感染拡大によって、「非接触」を前提としたデジタル化が求めらていることから、ポストコロナを見据えて、観光産業でもデジタルトランスフォーメーションを支援していくとしている。

ホテルや旅館で、これまでのサービスクオリティを維持しながら、予約から清掃までのプロセスのオートメーション化やルームサービスのデジタル化を加速することで、固定費削減への貢献を目指す。まずは、カラカミ観光が運営するホテルに導入し、その後、他社にも提供していく計画だ。

カラカミ観光は、定山渓ビューホテル、洞爺サンパレスリゾート&スパ、ホテル瑞鳳、秋保グランドホテル、ホテルフクラシア晴海などを運営している。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。

注目観光局 セレクト5SPONSORED

トラベルボイスが注目する観光局の特設サイトです。ロゴをクリックすると注目観光局のインタビューやニュースを一覧することができます。

観光産業ニュース「トラベルボイス」編集部から届く

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…