旅行好きの緊急事態宣言解除後の国内旅行意向、「3ヶ月以内」に再開希望は65%、約半数が衛生対策を選択基準に

旅行商品情報を提供するトラヘルズージャパンは、国内メンバー会員を対象に、緊急度対宣言解除後の旅行意向に関する調査を実施した。調査期間は5月12~17日。有効回答は4306。

緊急事態宣言解除後の宿泊を伴う国内旅行の再開時期に関する質問では、「すぐにでも」(23.6%)と「1~3か月後」(41.6%)を合わせて3か月以内に旅行の再開意向を持つ回答者が65.2%にのぼった。

一方、海外旅行の再開時期に関する質問では、「すぐにでも」(8.7%)と「1~3か月後」(15.3%)、「4~6か月後」(23.0%)を合わせて6か月以内に旅行の再開意向を持つ回答者が47.0%に達したが 「1年以上先」も32.9%であることから、 海外旅行の早期再開については慎重な意見も多く見られる結果となった。

緊急事態宣言解除後、最初に行きたい旅行に関する質問では、「自宅から片道2時間圏内でマイカーを利用する個人旅行」(29.9%)、「自宅から片道2時間半以上でマイカーを利用する個人旅行」(17.0%)を合わせて移動手段をマイカーと答えた回答者の割合が約半数を占めた。

一方で「国内で航空機を利用する個人旅行」(20.3%)、「海外で航空機を利用する個人旅行」(14.0%)なども上位に挙がり、他の公共交通機関よりも利用意向が強い傾向が表れた。

報道資料より緊急事態宣言解除後、国内で1年以内に訪れたい旅先に関する質問では、「近場の温泉(片道2時間程度)」が44.5%で首位となった一方で、「遠方の観光地(片道2時間半以上)」も34.7%となった。また、海外旅行では、「ハワイ」(24.4%)、「台湾」(22.6%)、「東南アジアシティ」(15.8%)、「東南アジアリゾート」(15.2%)など定番の旅先が上位につけたほか、 新型コロナウイルスの影響が大きい「ヨーロッパ」(15.6%)も根強い人気に。しかし 一方で、 「しばらく海外旅行をするつもりはない」を選択した回答者も20.3%にのぼった。

報道資料より報道資料より

新たに試してみたい旅のスタイルに関する質問では、「コテージやヴィラ、 離れなど独立した客室への滞在」を選択した回答者が38.9%にのぼったほか、「ステイケーション(ホテルに長期滞在)」が29.0%で2位につけた。 また、「ガイドブックなどで定番の混雑した観光地をあえて外した旅」(22.5%)や「ひとり旅」(21.7%)も人気であることから、 旅行でも「3密」を避ける傾向が読み取れる。

報道資料より新型コロナウイルスの影響による旅に対する価値観の変化に関する質問では、「ニューノーマル」を意識する傾向も顕著に表れ、マスクやアルコール消毒などの衛生対策を旅行中でも意識するだろう」(75.2%)、「混雑した観光地や、 混雑する時間の観光を避けるようになるだろう」(59.2%)などに多くの回答が集まった。このほか、「衛生対策がホテルや航空会社などを選ぶ際の基準になるだろう」を選択した回答者が46.6%にのぼった。

報道資料より

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。