旅行制限解除後の海外旅行、再開のカギは「払い戻し可能な航空券」、最も重視するのは日韓が「安全性」、英米は「費用」

旅行比較サイトを運営するスカイスキャナージャパンは、「新型コロナウイルス感染症と旅行に関する意識調査」を実施、その結果を発表した。調査対象は、日本、韓国、イギリス、アメリカで調査期間中にスカイスキャナーのウェブサイトを閲覧した人。有効回答数は3208人(日本600人、韓国551人、イギリス1463人、アメリカ594人)。

渡航・入国制限などが解除されたうえで、 実際に海外旅行を再開したいと思うタイミングを聞くと、 日本、韓国、イギリスでは「感染の心配がないと思えたとき」、 アメリカでは「航空券が手の届く価格になったとき」と答える人が約4~5割を占め最多となった。

報道資料よりまた、実際の旅行予約へ踏み出すには、「キャンセル時に100%払い戻し可能・手数料無料の航空券を航空会社が提供している」ことが最も必要とされ、その割合はいずれの国でも約6~8割にのぼった。

報道資料より今後旅行先を決めるときに最も重視する点については 、日本と韓国では「旅行先での安全性」、イギリスとアメリカでは「費用」が最多。 

報道資料よりコロナ禍後の旅行スタイルの変化については、 日本と韓国では「旅行の時期に注意する」「感染リスクが低い旅行先を選ぶ」といった慎重な考え方が約5割を占めた一方、イギリスとアメリカでは「旅行の頻度を増やす」「より冒険的な旅をする」と回答した人の割合が日本・韓国を大きく上回る結果となった。

報道資料よりこのほか、サステナブルな旅についての意識調査では、日本では「旅のスタイルは変わらない」と答えた人が50%だった一方、アメリカと韓国では「サステナ部な旅を選択したい」が半数を超え、対照的な結果となった。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。