タビナカ予約「ベルトラ」、催行会社とユーザー向けに5つの安全基準を策定、ペーパーレスやQRコード導入も推進

現地オプショナルツアー専門予約サイト「ベルトラ」は、 現地ツアーやアクティビティの催行にあたり、催行会社とユーザーそれぞれに向けて、健康管理、衛生管理、ソーシャル・ディスタンスの確保、オンラインによるタッチレスソリューション、訪問先の選定に留意する安全基準を策定した。

二者の間に立つベルトラが双方向の安全基準を策定することで、旅行者が安心して旅行計画を立てられるようにする。また、催行会社に対して安全基準の遵守を求め、基準を満たせない場合は現地事情をヒアリングしたうえで 改善策を提案。ユーザーにはその情報を開示し、改善が見られない場合は、販売の見合わせも検討する。

このほか、今後はペーパーレスでのツアー参加やQRコードの導入などを推し進め、 現地での接触機会を必要最低限に抑える取り組みも進めていく。

報道資料より

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。