沖縄県、県外旅行者受け入れでアクションプラン策定、那覇空港に旅行者専用相談センターも設置

沖縄県は、2020年6月19日から都道府県をまたぐ移動の自粛が緩和されることを受けて、旅行者の安全安心に関するアクションプラン「沖縄 Tour Style With コロナ」を策定した。このプランは、ウィズコロナの下、県民が安心して旅行者を迎え入れ、旅行者が安全に沖縄での滞在を楽しんでもらうことを念頭に、医療関係者からの疫学的意見を参考に取りまとめたもの。

その一環として、那覇空港内に旅行者専用相談センター「Traveler’s Access Center Okinawa: TACO(タコ)」を設置。那覇空港で出発・到着時、あるいは滞在中の宿泊施設や観光施設において発熱がみられる旅行者に対して、常駐の看護師が健康状態を確認し、必要に応じて保健所への案内などを行う。

また、タビマエ、沖縄到着、タビナカ、沖縄出発、タビアトごとに感染予防・拡大防止対策を整理し、旅行者に周知していく。

沖縄県では、新型コロナウイルスの感染拡大状況に応じて、この取り組みを見直し、那覇空港での運用を踏まえて、離島における効果的な取り組みなどについても検討していく考え。

報道資料よりなお、県内のイベントについても段階的に人数上限を緩和。これにより、感染防止対策をとったうえで、県内市町村でのイベント自粛が解除される。全国的かつ大規模イベントについては、リスクへの対応が整わない場合、中止あるいは延期を要請していく。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。