トリップアドバイザー、施設の感染防止対策を確認できる新ツール提供開始、クチコミの共有も

トリップアドバイザーは、新型コロナウイルスによって旅行中の感染防止対策にへの関心が高まっていることから、新たに「Travel Safe(トラベルセーフ)」ツールの提供を始めた。この機能は世界すべての市場で利用することが可能。すでに1万3850ヶ所の施設で活用されている。

旅行者は、健康と安全のチェックリストで、事業者の感染防止対策を確認することが可能。また、検索フィルターを活用することで、安全対策を講じているホテルやレストランを検索することもできる。レビューでは、新たに感染防止対策に関するクチコミを共有できるようにしたほか、事業者へ対策についての質問やメッセージを送ることも可能にした。

一方、事業者はトリップアドバイザー・マネージメント・センター(無料)のチェックリストにアクセスし、自社施設で実施している感染防止対策を選択すると、自社サイトの安全情報へのリンクとともに、その内容を顧客に直接送ることができるようにした。

トリップアドバイザーの調査によると、92%が「清潔さは宿泊施設を選択する上で最も重要な要素」と回答。さらに、84%が「旅行を予約する際には、清潔さや消毒済みであるという証明が重要」と答えたという。

報道資料より

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。