JAL、国内線冬期ダイヤを決定、政策コンテスト枠の羽田/三沢線を1日4便に増便、新型コロナによる供給調整は後日発表

PATARA / Shutterstock.com

JALグループは、冬期ダイヤ(2020年10月25日~2021年3月27日)の国内線基本便数計画を決定した。新型コロナウイルスの影響に伴う供給調整については、今後の需要動向を踏まえて順次決定する。

冬期ダイヤでは、「羽田発着枠政策コンテスト」による配分を受けて、新たに青森県との共同提案により選定された羽田/三沢線を1日3便から1日4便に増便する。また、羽田/山形線については1日2便を維持。さらに、那覇/石垣線を週7.5便から8便に増便する。

このほか、北海道内では、札幌(丘珠)/女満別線を週3便で新規開設。日本エアコミューター(JAC)を、JAL便名での運航に切り替える。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。