ユナイテッド航空、出発前に乗務員と全乗客にコロナ検査、ニューアーク発ロンドン行きの指定便で、出発3時間前に

ユナイテッド航空は、2020年11月16日から12月11日かけて、米ニューアーク発ロンドン行きの指定便で、乗務員と2歳以上のすべての乗客に対して、出発前新型コロナウイルス検査を試験的に実施する。費用は無料。検査に同意しない乗客は指定便以外のフライトに振り返える。これにより、すべての乗務員と乗客の陰性を保証したうえで飛行することになる。

検査が適用される便は、ニューアーク7時15分発のUA14便(月・水・金)。検査は予約制で、乗客は少なくとも出発の3時間前に検査を受ける必要がある。

ユナイテッド航空では、この検査飛行に関する乗客からのフィードバックを関係当局と共有し、隔離義務や旅行規制に代わる方法として、その効果を検証していく。

ユナイテッド航空は、大西洋路線に先立ち、ハワイ州当局の規制緩和に伴って、10月中旬からサンフランシスコ発ホノルル行きの便で出発前検査を導入。その結果、10月15日から25日の10日間で同路線の乗客は2週間前と比較して約95%増加したという。このほか、同航空は近頃大西洋路線で開始された「コモン・パス」の取り組みにも参画している。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。