ANA、日常支払いで上級会員資格を獲得できるキャンペーン開始、ANAPay400万円利用など

(c) stock.foto

ANAは2020年12月16日、「プレミアムメンバーステイタス獲得チャレンジ2021」キャンペーンを開始した。新型コロナウイルスの影響で航空需要が減少するなか、ふるさと納税、保険、ANAカード・ANAPayといったANAグループが展開する日常サービスでもステイタスを獲得できるようにする。

日常サービスの利用状況でプレミアムメンバーのステイタスを獲得できるのは、航空会社として世界初。従来、同社のプレミアムメンバーステイタスは、航空機の利用で積算するポイントの獲得数によって決定している。なお、航空機の利用のみでプレミアムメンバーステイタスを獲得する従来プログラムも継続する。

「プレミアムメンバーステイタス獲得チャレンジ2021」の参加登録期間は、2020年12月16日~2021年12月15日。一例として、ANAグループ搭乗実績1万5000ポイント、ANAグループの4サービス利用、ANAカード・ANAPayの決済額400万円を満たせば、ブロンズ会員となり、専用サービスデスク、座席アップグレードなどの特典が受けられる。

達成条件と付与ステイタスの詳細は下記のとおり。

提供:ANA

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。