デルタ航空、陰性証明提示の義務化を受けて、国際線の予約変更差額を免除、1月12日以前の購入が対象

デルタ航空は、米国への渡航者に対して2021年1月26日から新型コロナウイルス検査の陰性証明提出が義務化されることを受けて、国際線航空券の変更・再予約について、運賃の差額を免除することを決めた。

すべての米国行き国際線が対象。1月12日以前に購入された2月9日までの米国行き国際線航空券を対象とし、1月25日までに開始する旅程に変更する場合に適用される。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。