USJ、「任天堂エリア」の開業を再延期、緊急事態宣言解除後に開業へ

報道資料より

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)は2021年2月4日にオープンを予定していた新エリア「スーパー・ニンテンドー・ワールド」の開業を、大阪府への緊急事態宣言の解除後に延期すると発表した。開業日は未定。

「スーパー・ニンテンドー・ワールド」は、任天堂のキャラクターやゲームを、最新テクノロジーやUSJのアイデアで現実世界に再現したテーマエリア。「マリオカート」をテーマにしたライド・アトラクション「マリオカート~クッパの挑戦状~」のほか、エリアのシンボルのひとつとして「クッパ城」が登場する。

USJはまた、緊急事態宣言発令中のパーク運営について、政府や地元自治体の方針に協力し、入場者数を大幅に制限して営業する。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。