ホテル客室をオンライン会議ルームとして販売、面接や商談などの利用見込み、研修特化型ホテルが開始

研修特化型ホテル事業のマックスパート社は、「ホテルフクラシア晴海」と「ホテルフクラシア大阪ベイ」で、ホテル客室を「オンライン会議ルーム」として販売を開始した。

特に、人材採用時のオンライン面接や、顧客とのオンライン商談での利用などの利用を見込む。例えば、オンライン面接では面接官が客室で学生が自宅から、もしくは面接官が自社や自宅から、学生が客室を利用する。オンライン商談では大型展示会時に、会場の来場者と客室の担当者がつながって商談をする使い方もできるとしている。

マックスパートは、研修などで利用できる会議室と宿泊施設が一体化した研修特化型ホテルが、今回のサービスを提供する利点をアピール。ビジネスイベントの成功を重視したサービスや環境を整え、大人数がインターネットを利用することを想定した回線も完備する。また、オンラインサポートスタッフによるオンライントラブル対応やウェブ会議ツールの運用方法の無償サポートも行う。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。