テレビ局子会社が旅のソーシャルメディア「たびつく」開始、福岡県に特化、地元の日常体験を共有して観光コンテンツに

九州朝日放送の100%子会社Global Kはこのほど、福岡県の旅のソーシャルメディア「たびつく」を開発し、運用開始した。福岡県に特化し、旅のルートを作ってシェアしたり、地域や目的に合わせて検索したりできるようにすることで、福岡県内のマイクロツーリズム活性化を目指す。

福岡在住者や福岡に詳しい旅行者の日常の体験を、旅行者に広く提供し、新たな魅力発見につなげるのがコンセプト。地域事業者にもアカウント作成を促し、観光活性化を図る。自治体や観光協会による特集ページ、九州朝日放送で放送された動画の掲載も計画する。紙の観光マップと違い、コンテンツの随時更新による最新情報の提供を売りにしたい考えだ。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。