JALパック、阿蘇ロックフェスの入場券をオプション販売、「航空券+宿泊」の購入者向けに、駐車券付きレンタカーも

ジャルパックはJALダイナミックパッケージのオプションとして、2021年10月23日と24日に開催予定の「阿蘇ロックフェスティバル2021」の入場券を追加した。同社の「熊本復興応援特集」内でホテルとフライトを予約したユーザー限定オプションとして販売するもの。あわせて、入場券購入者向けに、会場の駐車券付きのレンタカーの限定オプションも販売する。

阿蘇ロックフェスティバルでは、9月16日に一般チケットの販売を開始。それにあわせて、追加の感染予防対策も発表している。

全来場者に対する「無料の抗原検査」のほか、ウレタン製や布製ではなく「不織布マスクの着用」、「飲酒及びアルコール類の持ち込み禁止」(手荷物検査実施と終日アルコール販売なし)とする。主催者のテトラカンパニーによると、同イベントは熊本県の感染予防ガイドラインに則って実施する。開催当日、感染予防対策や注意事項に従わない人に対しては、退場や入場を拒否し、その場合の払い戻しはしないとしている。

同イベントは、2015年にシンガーソングライターの泉谷しげる氏が発起人となり始まったもの。「天空のロックフェス」と呼ばれ、人気を博していたが、熊本地震やコロナの影響で開催が延期された年もあった。今回は、2019年に初の熊本以外の会場となる北九州での開催後、阿蘇で3年ぶりに開催される。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。