沖縄への修学旅行が回復傾向、今秋はコロナ前並みの予約、海外旅行からの方面変更も

沖縄観光コンベンションビューロー(OCVB)が発表した沖縄修学旅行の現状によると、2022年4~6月は409校、6万1751人が来県する見込みだ。4月5日時点の予約数・実績で、沖縄修学旅行取り扱い旅行社15社のうち、10社から回答があった。

また、第3四半期(2022年10~12月)はコロナ前並みの予約が入っているという。その中には海外教育旅行からの方面変更も一定数ある。ただ、修学旅行の催行は、沖縄県内の新規陽性者数の推移に左右されることから、引き続き感染防止対策に努めるとしている。

今後は、「おきなわ修学旅行ナビ」などによる情報発信やプロモーションの強化、模擬体験の提供対象に海外から沖縄へ方面変更を検討している学校の追加、受け入れ整備支援などを図っていく。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。

注目観光局 セレクト5SPONSORED

トラベルボイスが注目する観光局の特設サイトです。ロゴをクリックすると注目観光局のインタビューやニュースを一覧することができます。

観光産業ニュース「トラベルボイス」編集部から届く

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…