日本航空、4月以降の燃油サーチャージ決定、13年度の適用条件も

日本航空(JL)は2013年4月から5月発券分の燃油サージャージについて、現行と同内容に据え置くことを決定、2013年2月13日に国土交通省に申請した。ただし、日本以外で購入する場合の米ドル、ユーロ、ポンドについては価格を改定する。

また、2013年度の適用条件表についても、2012年度と同一の内容で決定した。2012年度は円高による燃油費の抑制効果を反映した設定であったが、円安の進行下でも同内容とした理由については「まだ短期間の傾向である」と説明している。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。