検索タグ "燃油サーチャージ"

JAL、2020年6月〜7月の燃油サーチャージを適用せず、約3年半ぶりに

JAL、2020年6月〜7月の燃油サーチャージを適用せず、約3年半ぶりに

JALは、2020年6月~7月の国際線発券分の「燃油特別付加運賃」(燃油サーチャージ)を徴収しない。約3年半ぶりに非適用に。
ANAグループ、今年6月以降の燃油サーチャージはゼロに、燃油価格の下落で

ANAグループ、今年6月以降の燃油サーチャージはゼロに、燃油価格の下落で

ANAグループは、シンガポールケロシン市況価格の2カ月平均が下落したことから、2020年6月1日以降の燃油サーチャージを適用しない。
JAL、燃油サーチャージを同額で継続、2020年2月以降の発券分から

JAL、燃油サーチャージを同額で継続、2020年2月以降の発券分から

JALは、「燃油特別付加運賃」(燃油サーチャージ)について、2020年2月から3月に発券される航空券についても現行(2019年12月〜2020年1月発券分)と同額にする。
JAL、燃油サーチャージを同額で継続、2019年12月以降の発券分から

JAL、燃油サーチャージを同額で継続、2019年12月以降の発券分から

JALは、「燃油特別付加運賃」(燃油サーチャージ)について、2019年12月から2020年1月に発券される航空券についても現行(2019年10月〜11月発券分)と同額にする。
ANA、燃油サーチャージを値下げ、欧州・北米など1万500円に、10月1日発券分から

ANA、燃油サーチャージを値下げ、欧州・北米など1万500円に、10月1日発券分から

ANAグループが2019年10月1日以降の燃油サーチャージを値下げ。日本/韓国間は現行の1000円から500円に、日本/ハワイ間は8500円から6000円など。
JAL、国際線燃油サーチャージを値下げ、欧州線は1万500円 -10月発券分から

JAL、国際線燃油サーチャージを値下げ、欧州線は1万500円 -10月発券分から

JALが2019年10月以降発券分の燃油サーチャージの値下げを発表。
ANA、燃油サーチャージを引き上げ、欧州・北米など1万4000円に、8月1日発券分から

ANA、燃油サーチャージを引き上げ、欧州・北米など1万4000円に、8月1日発券分から

ANAが燃油サーチャージの値上げを発表。8月発券分から欧州方面などは1.4万円、ハワイは8500円に。
JAL、国際線燃油サーチャージを値上げ、欧州線は1万4000円に ―8月発券分から

JAL、国際線燃油サーチャージを値上げ、欧州線は1万4000円に ―8月発券分から

日本航空(JAL)が、2019年8月以降発券分の国際線航空券に適用する燃油サーチャージの値上げを発表。
JALとANA、国際線燃油サーチャージ値上げへ、6月発券分以降で、欧州線は1万500円に

JALとANA、国際線燃油サーチャージ値上げへ、6月発券分以降で、欧州線は1万500円に

JALとANAが6月以降発券分の国際線燃油サーチャージ値上げを発表。韓国線は500円、欧州線は1万500円に。
JALも国際線の燃油サーチャージを値下げ、アジア・北米・豪州など半額以下に ―2019年4月以降の発券分

JALも国際線の燃油サーチャージを値下げ、アジア・北米・豪州など半額以下に ―2019年4月以降の発券分

日本航空(JAL)が2019年4月以降発券分の国際航空券に適用する燃油サーチャージの値下げを発表。
ANA、国際線の燃油サーチャージを半額以下に値下げ、日本/北米路線は7000円に -2019年4月以降の発券分

ANA、国際線の燃油サーチャージを半額以下に値下げ、日本/北米路線は7000円に -2019年4月以降の発券分

全日空(ANA)は2019年4月1日以降に発券される国際航空券で適用する「燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)」の値下げを発表。日本/北米は7000円、日本/ハワイは4000円に改定。
JAL、国際線の燃油サーチャージを値上げ、2019年2月発券分から

JAL、国際線の燃油サーチャージを値上げ、2019年2月発券分から

JALが2019年2~3月発券分の国際線燃油サーチャージを値上げ。北米・欧州・中東・オセアニアは3500円増の1万7500円となる。
ANAも国際線の燃油サーチャージ据え置き、2018年12月・2019年1月発券分

ANAも国際線の燃油サーチャージ据え置き、2018年12月・2019年1月発券分

ANAグループが2018年1月~2019年1月発券分の国際航空券燃油サーチャージをJAL同様に据え置き。
JAL、国際線の燃油サーチャージを同額で据え置き -2018年12月~2019年1月発券分

JAL、国際線の燃油サーチャージを同額で据え置き -2018年12月~2019年1月発券分

JALが12月~2019年1月の燃油サーチャージを、現行と同額に据え置くと発表。
ANAも国際線・燃油サーチャージを同額で据え置き ー2018年10から11月発券分

ANAも国際線・燃油サーチャージを同額で据え置き ー2018年10から11月発券分

ANAは2018年10月から11月に発券する国際航空券の燃油サーチャージ(燃油特別付加運賃)について、8月~9月適用額と同額で継続すると発表。
JAL、国際線の燃油サーチャージを同額で据え置き ー2018年10から11月発券分

JAL、国際線の燃油サーチャージを同額で据え置き ー2018年10から11月発券分

JALは2018年10月1日から11月30日までの国際航空券に適用する燃油サーチャージ(燃油特別付加運賃)を8月~9月と同額で継続する。
ANAも国際線の燃油サーチャージ値上げ、北米・欧州路線は3500円上昇 ―2018年8月・9月発券分

ANAも国際線の燃油サーチャージ値上げ、北米・欧州路線は3500円上昇 ―2018年8月・9月発券分

ANAグループが、2018年8月1日以降に発券される国際線航空券の燃油サーチャージの改定を発表。
JAL、国際線の燃油サーチャージを据え置き、2018年6〜7月発券分

JAL、国際線の燃油サーチャージを据え置き、2018年6〜7月発券分

日本航空(JAL)が2018年6月1日から7月31日までの国際航空券に適用する燃油サーチャージ(燃油特別付加運賃)を4月~5月と同額で継続すると発表。
JALとANAが燃油サーチャージ値上げ、北米・欧州・豪州は1.5倍に ー2018年2月発券以降

JALとANAが燃油サーチャージ値上げ、北米・欧州・豪州は1.5倍に ー2018年2月発券以降

日本航空(JAL)と全日空(ANA)が2018年2月から3月31日までの国際航空券に適用する燃油サーチャージ(燃油特別付加運賃)を改定。欧米豪やタイ・シンガポールなどは1.5倍に増加。