検索タグ "燃油サーチャージ"

ANAとJAL、燃油サーチャージをゼロ継続、2017年1月31日発券分まで

ANAとJAL、燃油サーチャージをゼロ継続、2017年1月31日発券分まで

全日空(NH)と日本航空(JL)が、2017年1月31日までの国際線発券分について、引き続き燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)を廃止することを発表。
ANAも10月以降も燃油サーチャージをゼロに、2016年11月30日発券分まで

ANAも10月以降も燃油サーチャージをゼロに、2016年11月30日発券分まで

全日空(NH)が、2016年11月30日までの国際線発券分について、引き続き燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)を廃止。
JAL、10月以降も燃油サーチャージをゼロに、2016年11月30日発券分まで

JAL、10月以降も燃油サーチャージをゼロに、2016年11月30日発券分まで

日本航空(JL)が、2016年11月30日までの国際線発券分について、引き続き燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)を廃止。
キャセイ航空など、燃油サーチャージ適用停止を継続 -2016年8月~9月発券分

キャセイ航空など、燃油サーチャージ適用停止を継続 -2016年8月~9月発券分

キャセイパシフィック航空と香港ドラゴン航空が、燃油費の適用停止を継続。
JALとANA、8月以降も燃油サーチャージをゼロに、2016年9月30日発券分まで

JALとANA、8月以降も燃油サーチャージをゼロに、2016年9月30日発券分まで

日本航空(JL)と全日空(NH)が、2016年9月30日までの国際線発券分について、引き続き燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)を廃止することを発表。
ユナイテッド航空、燃油サーチャージを7月末までゼロ継続

ユナイテッド航空、燃油サーチャージを7月末までゼロ継続

ユナイテッド航空(UA)は、日本発運賃に対する燃油サーチャージについて、2016年6月1日~7月31日までの発券分についても、引き続き、適用しない方針を決めた。
キャセイ航空、燃油サーチャージは7月末までゼロに

キャセイ航空、燃油サーチャージは7月末までゼロに

キャセイパシフィック航空(CX)および香港ドラゴン航空(KA)は、今年6月1日から7月31日発券分の日本/香港・台湾路線について、燃油サーチャージの適用停止を継続することを決めた。
ANA、燃油サーチャージを6月以降もゼロに、非適用期間を延長 

ANA、燃油サーチャージを6月以降もゼロに、非適用期間を延長 

ANAグループは、全日本空輸およびエアージャパンが運航する国際線の燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)について、6月1日以降も適用しない方針を決めた。
ガルーダ航空、サーフボードなどスポーツ用品の無料受託サービスを再開

ガルーダ航空、サーフボードなどスポーツ用品の無料受託サービスを再開

ガルーダ・インドネシア航空(GA)は、このほどスポーツ用品の無料受託サービスを再開した。
JAL、6月以降も燃油サーチャージをゼロに、2016年7月31日発券分まで

JAL、6月以降も燃油サーチャージをゼロに、2016年7月31日発券分まで

日本航空(JL)が2016年7月31日までの国際線発券分について、引き続き燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)を廃止することを発表。
デルタ航空、4月と5月の日本発着燃油サーチャージをゼロに

デルタ航空、4月と5月の日本発着燃油サーチャージをゼロに

デルタ航空(DL)の日本発着便の燃油サーチャージが、2016年4月1日~5月31日発券分は適用無しに。日本で販売した航空券が対象。
キャセイ航空、燃油サーチャージの適用停止を継続、4月~5月発券分で

キャセイ航空、燃油サーチャージの適用停止を継続、4月~5月発券分で

キャセイパシフィック航空(C)と香港ドラゴン航空(KA)が2016年4月1日から5月31日までに発券する日本発 日本/香港便と台湾便の燃油サーチャージをゼロに。
ユナイテッド航空も燃油サーチャージをゼロに、4~5月発券分で

ユナイテッド航空も燃油サーチャージをゼロに、4~5月発券分で

ユナイテッド航空(UA)は、日本発国際線の運賃に適用している燃油サーチャージを、2016年4月1日から2016年5月31日までの発券分についてはゼロにすることを決定した。
JALとANA、燃油サーチャージを約7年ぶりにゼロへ、4月から5月発券分で

JALとANA、燃油サーチャージを約7年ぶりにゼロへ、4月から5月発券分で

JALとANAは、2016年4月から5月の国際線発券分について燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)を廃止する。燃油特別付加運賃が非適用になるのは、2009年7月から9月の期間以来約7年ぶり。
キャセイ航空、燃油サーチャージ適用を停止、2月~3月発券分で

キャセイ航空、燃油サーチャージ適用を停止、2月~3月発券分で

キャセイパシフィック航空と香港ドラゴン航空が2016年2月1日~3月31日発券分の燃油サーチャージについて、適用を停止。日本発の日本/香港、台湾間と香港以遠の路線が対象。
JAL、12月からの燃油サーチャージを値下げ、原油市況価格の下落で

JAL、12月からの燃油サーチャージを値下げ、原油市況価格の下落で

JAL(JL)は、直近2ヶ月のシンガポールケロシン市況価格の下落により2015年12月から適用する燃油特別付加運賃の適用額を値下げする。
ANAが燃油サーチャージ値下げ、1バレルあたりの円換算基準も変更 -2015年12月1日発券から

ANAが燃油サーチャージ値下げ、1バレルあたりの円換算基準も変更 -2015年12月1日発券から

ANAは2015年10月19日、2015年12月1日以降の日本発着航空券発券分に適用する燃油サーチャージ改定を国土交通省に申請。シンガポールケロシン市況価格の変動に伴い、1バレルあたり円換算額を7054円に再設定。
JAL、燃油サーチャージ額を据置き、2015年10月以降の発券で

JAL、燃油サーチャージ額を据置き、2015年10月以降の発券で

JALは、2015年10月から11月の「燃油特別付加運賃」について、現行(2015年4月~9月発券分)の適用額を据え置き、引き続きZone C(8,000円基準)を適用する。
キャセイパシフィック航空と香港ドラゴン航空、8月以降の燃油サーチャージを据え置き

キャセイパシフィック航空と香港ドラゴン航空、8月以降の燃油サーチャージを据え置き

キャセイパシフィック航空と香港ドラゴン航空は、2015年8月1日~9月30日までの日本国内発券分の航空券について、燃油サーチャージを現行額で据え置くことを決定した。

観光産業ニュース「トラベルボイス」編集部から届く

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…