日系航空2社、JALとANAが燃油サーチャージ復活へ、北米・欧州3500円、2017年2月発券から

JALグループとANAグループはそれぞれ、2017年2月1日以降の国際線発券分について、燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)の改訂を発表した。改訂後は例えば日本/北米(ハワイ以外)・欧州・中東・オセアニア間で1旅客1区間片道あたり3500円、タイ・シンガポール・マレーシアでは1500円、中国・香港・台湾では500円が適用される。

これは、基準対象となる2016年10月から11月のシンガポールケロシン市況価格2カ月平均が、1バレルあたり58.69米ドルとなり、同期間の為替平均1米ドル106.00円を乗じた円貨換算額が、条件表の「6000円以上7000円未満」に該当する6221円となったため。

燃油サーチャージは2016年4月以降、適用されていない。今回の決定は2017年2月と3月を対象としたもの。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。