検索タグ "燃油サーチャージ"

JALも燃油サーチャージ値上げ、中国・香港・台湾は2倍に ー2017年12月発券以降

JALも燃油サーチャージ値上げ、中国・香港・台湾は2倍に ー2017年12月発券以降

日本航空(JAL)が2017年12月から2018年1月31日までの航空券発券分に適用する燃油サーチャージ(燃油特別付加運賃)を改定。
ANA、燃油サーチャージを値上げ、北米・ハワイ・欧州などは2倍に ー2017年12月発券以降

ANA、燃油サーチャージを値上げ、北米・ハワイ・欧州などは2倍に ー2017年12月発券以降

全日空(ANA)グループは、2017年12月1日以降に発券される国際線航空券の燃油サーチャージを改定。基準となる市況価格にともない、現行の2倍から3倍に値上げ。
JAL、国際線の燃油サーチャージを据え置き、2017年10〜11月発券分

JAL、国際線の燃油サーチャージを据え置き、2017年10〜11月発券分

JALは、2017年10月から11月に発券される国際線航空券の燃油サーチャージを据え置くと発表。現行と同様のZone A(6,000円基準)を適用。
ANA、燃油サーチャージの据置きを発表、2017年10月以降発券分で

ANA、燃油サーチャージの据置きを発表、2017年10月以降発券分で

ANAが2017年10月1日発券分以降の燃油サーチャージを発表。8月、9月発行分の据え置きに。
JALも国際線の燃油サーチャージを値下げ、中国・台湾・香港の価格は3分の1に ―2017年8月発券以降

JALも国際線の燃油サーチャージを値下げ、中国・台湾・香港の価格は3分の1に ―2017年8月発券以降

日本航空(JAL)が2017年6月13日、8月発券分から適用する国際線旅客の燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)引き下げを発表。
ANAが国際線の燃油サーチャージを値下げ、北米・ハワイ・欧州などは半額に ー2017年8月発券以降

ANAが国際線の燃油サーチャージを値下げ、北米・ハワイ・欧州などは半額に ー2017年8月発券以降

ANAグループが8月1日以降の燃油サーチャージを引き下げ、ハワイや欧州、東南アジアは半額以下。近距離アジアは3分の1に。
JALとANA、燃油サーチャージを据置き、2017年6月発券以降で

JALとANA、燃油サーチャージを据置き、2017年6月発券以降で

JALとANAが、2017年6月1日以降の航空券発券分に適用する国際線旅客の燃油サーチャージを4月~5月と同額で据え置くと発表。
航空運賃をもっと分かりやすく、シンガポール航空らが燃油サーチャージを基本運賃と合算表示に

航空運賃をもっと分かりやすく、シンガポール航空らが燃油サーチャージを基本運賃と合算表示に

シンガポール航空(SQ)およびグループ航空会社シルクエア(MI)は今春から、燃油サーチャージと航空保険料を基本運賃に統合する。
JAL・ANAが燃油サーチャージを大幅値上げ、2~3倍の路線も -2017年4月発券以降

JAL・ANAが燃油サーチャージを大幅値上げ、2~3倍の路線も -2017年4月発券以降

JALとANAが4月1日からの燃油サーチャージ額を大幅値上げ。欧州や北米本土路線などでは現行の2倍となる7000円、中国本土、香港路線などでは3倍の1500円に。
中国・海南航空、2月から燃油サーチャージ適用へ、日本発路線で500円

中国・海南航空、2月から燃油サーチャージ適用へ、日本発路線で500円

中国の海南航空が、2017年2月1日以降に発券する日本/中国路線に燃油サーチャージ(燃油特別付加運賃)適用を発表。
ANAとJAL、燃油サーチャージをゼロ継続、2017年1月31日発券分まで

ANAとJAL、燃油サーチャージをゼロ継続、2017年1月31日発券分まで

全日空(NH)と日本航空(JL)が、2017年1月31日までの国際線発券分について、引き続き燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)を廃止することを発表。
ANAも10月以降も燃油サーチャージをゼロに、2016年11月30日発券分まで

ANAも10月以降も燃油サーチャージをゼロに、2016年11月30日発券分まで

全日空(NH)が、2016年11月30日までの国際線発券分について、引き続き燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)を廃止。
JAL、10月以降も燃油サーチャージをゼロに、2016年11月30日発券分まで

JAL、10月以降も燃油サーチャージをゼロに、2016年11月30日発券分まで

日本航空(JL)が、2016年11月30日までの国際線発券分について、引き続き燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)を廃止。
キャセイ航空など、燃油サーチャージ適用停止を継続 -2016年8月~9月発券分

キャセイ航空など、燃油サーチャージ適用停止を継続 -2016年8月~9月発券分

キャセイパシフィック航空と香港ドラゴン航空が、燃油費の適用停止を継続。
JALとANA、8月以降も燃油サーチャージをゼロに、2016年9月30日発券分まで

JALとANA、8月以降も燃油サーチャージをゼロに、2016年9月30日発券分まで

日本航空(JL)と全日空(NH)が、2016年9月30日までの国際線発券分について、引き続き燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)を廃止することを発表。
ユナイテッド航空、燃油サーチャージを7月末までゼロ継続

ユナイテッド航空、燃油サーチャージを7月末までゼロ継続

ユナイテッド航空(UA)は、日本発運賃に対する燃油サーチャージについて、2016年6月1日~7月31日までの発券分についても、引き続き、適用しない方針を決めた。
キャセイ航空、燃油サーチャージは7月末までゼロに

キャセイ航空、燃油サーチャージは7月末までゼロに

キャセイパシフィック航空(CX)および香港ドラゴン航空(KA)は、今年6月1日から7月31日発券分の日本/香港・台湾路線について、燃油サーチャージの適用停止を継続することを決めた。
ANA、燃油サーチャージを6月以降もゼロに、非適用期間を延長 

ANA、燃油サーチャージを6月以降もゼロに、非適用期間を延長 

ANAグループは、全日本空輸およびエアージャパンが運航する国際線の燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)について、6月1日以降も適用しない方針を決めた。
ガルーダ航空、サーフボードなどスポーツ用品の無料受託サービスを再開

ガルーダ航空、サーフボードなどスポーツ用品の無料受託サービスを再開

ガルーダ・インドネシア航空(GA)は、このほどスポーツ用品の無料受託サービスを再開した。