JALも国際線の燃油サーチャージを値下げ、アジア・北米・豪州など半額以下に ―2019年4月以降の発券分

日本航空(JAL)は2019年4月以降発券分の国際航空券に適用する燃油サーチャージの値下げを発表した。

2019年4月以降の発券分は、同社が設定する「Zone B」として定められているとおり、韓国・極東ロシアがこれまでの1500円から300円に低下、北米・欧州・中東・オセアニアも1万7500円から半額以下の7000円に値下げする。

これは、直近2カ月のシンガポールケロシン市況価格の値下がりに伴う措置。2018年12月から2019年1月のシンガポールケロシン市況価格2カ月平均が、1バレルあたり71.88米ドルとなり、同期間の為替平均(1米ドル110.7円)を乗じて円換算額が7957円となったことによる。

JAL:報道資料より

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。

注目観光局 セレクト5SPONSORED

トラベルボイスが注目する観光局の特設サイトです。ロゴをクリックすると注目観光局のインタビューやニュースを一覧することができます。

観光産業ニュース「トラベルボイス」編集部から届く

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…