JAL、2020年6月〜7月の燃油サーチャージを適用せず、約3年半ぶりに

PATARA / Shutterstock.com

JALは、2020年6月~7月の国際線発券分について「燃油特別付加運賃」(燃油サーチャージ)を適用しない。2020年2月から2020年3月のシンガポールケロシン市況価格2カ月平均が燃油特別付加運賃適用の基準を下回ったため。

直近の2ヶ月平均価格は、1バレルあたり50.62米ドルで、これに同期間の為替平均1米ドル108.53円を乗じたシンガポールケロシン市況の円貨換算額は6000円を下回る5494円だった。燃油特別付加運賃が非適用となるのは2016年4月から2017年1月の期間以来、約3年半ぶり。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。