フラガール7名が入社-スパリゾートハワイアンズ入社式

スパリゾートハワイアンズを経営する常盤興産は2013年度の新入社員として、フラガール7名と料飲部門3名、事務1名を採用した。2013年4月1日に開催した入社式で、斎藤和彦代表取締役社長は「福島はまだまだ厳しい状況にあるが、新入社員の皆さんと一緒に、復興に向けて頑張っていきましょう」と挨拶。フラガールに採用された加藤咲樹さんが「プロとしてお客様に笑顔と感動を届けられるダンサーになりたいです」と抱負を述べた。

フラガールとして採用された7名は、附属のダンサー養成学校の常盤音楽舞踏学院に入学。基礎レッスンを経て7月の舞台デビューを予定している。同学院で2年課程を修了後、プロダンサーとして契約することになる。7名の採用により、フラガールの数は計42名となり、過去最多であった1969年度の43名に次ぐ人数となる。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。