GWのキャンピングカー旅行は子連れファミリー中心、予算は低め

日本RV協会の調査によると、今年のゴールデンウィーク(GW)にキャンピングカー旅行を予定している人の47.8%が「夫婦と小学生以下の子供を交えた家族」だった。2位は「夫婦2人」(35.3%)だが、3位は「中学生以上の子供を伴う家族旅行」(11.9%)となり、約6割のキャンピングカー保有者が家族でのキャンピングカー旅行を計画していることになる。

目的地は「関東」(28.8%)で1位となり、次いで「北信越」(14.4%)、「東北」「九州」(各12.5%)と続く。予算は「1万5000円~2万円未満」(27.4%)がもっとも多く、2位は「2万円以上」(15.7%)、3位は「5000円~8000円未満」(15.3%)。ジェイティービー(JTB)のゴールデンウィークの旅行動向見通しで発表された国内旅行の平均費用3万5000円を下回る結果となった。これについて日本RV協会では、キャンピングカー旅行では宿泊代がかからない上、今回の目的地の1位が関東で近場であったことから、交通費が抑えられたためとしている。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。