羽田空港、利用者の満足度が向上、コンシェルジュの効果高く

日本空港ビルデングは羽田空港国内線旅客ターミナルビルの旅客満足度調査を実施、その結果を発表した。それによると、総合満足度は第1旅客ターミナルビルで73%(前回調査72%)、第2旅客ターミナルビルで77%(75%)となり、いずれも2011年1月に行われた前回調査の結果を上回った。特に、2011年11月に出発エリアと屋外エリアのリニューアルを終えた第1旅客ターミナルでは、「出発ロビーの清潔さ」で84%(80%)、「ゲートラウンジの清潔さ」で82%(77%)と高い評価となった。

さらに具体的に見ると、施設については、「案内表示」の満足度が第1で64%(62%)、第2で67%(62%)。フロアガイドやショップ・レストラン&サービスガイドについても両ターミナルとも満足度は約6割になり、前回の55%より向上した。しかし、「情報の探しやすさ」では、第1で47%(49%)、第2で54%(46%)と低い水準にとどまる結果となった。「トイレ」の満足度は第1で78%(76%)。第2で79%(79%)。

案内サービスについては、エアポートコンシェルジュを利用した人の満足度が第1で92%(73%)、第2で91%(93%)と高い水準を維持。案内所の満足度は第1で前回とほぼ同じ78%(77%)だったが、第2では前回と比べ低下し74%(84%)に終わった。

売店/レストラン・喫茶店についての満足度では、第1の売店が68%(64%)、レストラン・喫茶店が前回調査よりも8ポイント上昇し64%(56%)。第2でも、売店で71%(68%)、レストラン・喫茶店で69%(65%)と前回より向上した。

なお、調査では回答者のターミナル利用状況についてもまとめており、それによるとフライトの目的を「仕事」と答えた人は第1、第2とも52%(第1=44%、第2=51%)だった。平均滞在時間は出発便利用者で第1が78分、第2が85分、到着便利用者で第1が31分、第2が33分。

日本空港ビルデングでは、羽田空港利用者の満足度向上を目的として2013年1月17日、20日、21日にこの調査を実施。調査対象は16〜79歳までの男女で、空港でのアンケート配布・郵送回収で行われた。サンプル数は配布5140、回収1890で、回収率は36.8%。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。