JR東日本、世界遺産登録で拡充した「富士山フリー乗車券」発売

東日本旅客鉄道(JR東日本)は富士山の世界文化遺産登録を記念し、2013年7月1日出発分から「世界遺産・富士山フリー乗車券」を発売する。従来から富士山・富士五湖エリアでの「河口湖・山中湖セレクトフリー乗車券」を設定しているが、今回の世界遺産登録にあわせて名称を変更するとともに、富士急行や富士急山梨バスと協力を深めて内容を拡充。現地の周遊バスなどを従来の選択式から、有効期間中は乗降フリーとするなど、利便性を高めた。

販売期間は2013年6月30日~11月29日まで。利用期間は7月1日~12月1日までで、有効期間は2日間。料金は、東京都区内、横浜市内、大宮~川口・戸田公園発着の場合、それぞれ4500円。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。