島根県が躍進賞、趣向を凝らしたアピール策を評価 -「地域ブランド大賞」

日経リサーチは、それぞれの分野で優れた成果を挙げた企業及び団体を公正に評価し、表彰する「日経リサーチアワード」を設立した。このアワードは、同社が行っている「地域ブランド戦略サーベイ」、「ストア戦略サーベイ」などの自主調査の結果をもとに選定されるもの。今回は、初回として「地域ブランド戦略サーベイ」 の調査結果に基づく「地域ブランド大賞」の表彰7団体を選定した。選定は、調査結果から第一次候補を抽出(ノミネート)、その候補から学識経験者やジャーナリストなどの選定委員会で選定した。表彰結果は以下の通り。


【地域ブランド大賞2013】

▼総合評価賞 

*総合評価の第1位団体と前回の調査から順位及・スコアが大幅に上昇した団体。

  • 総合評価 第1位:北海道

豊かな自然・風土と県民の努力による産品の魅力で強固なブランド力を維持。

  • 総合評価 躍進賞:島根県

全国的な理解度の低さを逆手にとった”自虐的”キャンペーンが注目。

2002年「しまねブランド推進課」設置の成果を評価。

▼部門賞

*「愛着度」「独自性」「購買意向」「居住意向」「訪問意向」の各項目の上位と急上昇団体

  • 県民愛着度 躍進賞:鳥取県

「鳥取方式の芝生化促進事業」や島根県と連動したキャンペーンなどを評価

  • 産品魅力度 躍進賞:岩手県

恵まれた県産品の魅力を再発信、全国からサポーター募集など「買う復興支援」を促す取り組みを評価

▼審査員特別賞

*調査期の市場環境やトレンドへの対応として顕著な結果が読み取れる団体。

  • ブランド戦略優秀賞:香川県

「うどん」から地域全体のブランド力に発展

  • ブランド戦略優秀賞:別府市

伝統温泉地から変化に対応した取り組み

  • ブランド向上努力賞:今治市

タオルから市全体の活力向上への発展を期待

(審査委員)

法政大学大学院政策創造研究科教授

慶應義塾大学大学院システム・デザイン・マネジメント研究科特別招聘教授
中嶋 聞多 氏

慶應義塾大学大学院システム・デザイン・マネジメント研究科特任教授

北海道大学大学院農学研究院客員教授
林 美香子 氏

日本経済新聞社 日経グローカル編集長

野間 清尚 氏


参考記事>> 

【ランキング】地域ブランドの評価、うどん県「香川県」、くまモン「熊本県」が上昇 -首位は北海道

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。