日本・フィリピン航空当局間協議、羽田昼間の増枠合意、成田オープンスカイも

国交省航空局とフィリピンとの航空当局は、2013年9月11日から12日にかけて東京で行われた両国航空当局間会議で、羽田空港乗り入れについて新たな枠組みに合意した。それによると、羽田空港の昼間時間帯の国際線発着枠が3万回から6万回に増加する段階(2014年3月末予定)で、日本とフィリピンの双方が昼間時間帯1日2スロット、深夜早朝時間帯で1日2スロットずつ使用できる枠組みを設定。これは、羽田昼間時間帯の増枠に合意した国は、英国、フランス、中国、シンガポール、タイ、ドイツ、ベトナム、インドネシアに続いて9カ国目となるものだ。
また、同時に首都圏空港を含むオープンスカイにも合意。成田空港では二国間輸送を相互に自由化する。さらに、首都圏以外の空港でも、二国間輸送および以遠地点への輸送(相手国で旅客・貨物の積み込み、第三国へ積み卸す)を相互に自由化する。

このほか、日本とフィリピン双方の航空企業による運航の柔軟性を拡大する観点から、コードシェア枠組を自由化することでも合意に至った。


みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。