博報堂、クール・ジャパン関連事業の体制を強化

博報堂と博報堂DYメディアパートナーズは、日本の文化産業・コンテンツの海外における需要の開拓を担うクール・ジャパン関連事業の体制を強化していく。博報堂では社内のクール・ジャパン関連事業に対応する組織として、2013年11月1日に「クール・ジャパン推進室」を設立。また、博報堂と博報堂DYメディアパートナーズは、経済産業省が主導し、官民合同で設立される「株式会社海外需要開拓支援機構」(クール・ジャパン推進機構)へ出資することも決めた。

クール・ジャパン推進機構は、海外進出のボトルネックとなっていたビジネスプラットフォーム(商業拠点や情報発信基盤など)の創発を業種を超えたプレーヤーによって促進していくことを主眼として、海外事業展開における資金提供および海外進出に際しての専門知識・ノウハウの提供、進出先現地プレーヤーとのマッチングなどの支援を行う予定だ。

博報堂と博報堂DYメディアパートナーズは、クール・ジャパン推進機構の一員として、これまで広告事業で培ったマーケティング技術や共創型ビジネスのプロデュースノウハウ、企業やコンテンツホルダーなど多彩なネットワークを活かしていくほか、生活者発想という企業理念に基づく進出先各国での生活者や市場への洞察力を強みとして、海外進出のパートナーとしてクール・ジャパン関連事業に関する対応を強化していく考えだ。

今後、博報堂で新設されるクール・ジャパン推進室と博報堂DYメディアパートナーズの関連組織との連携体制を強化し、クール・ジャパン推進機構からの投資対象となりうる事業開発をはじめとしたクール・ジャパン関連の社内外の情報収集一元化および情報発信、海外進出ノウハウの蓄積・運用を行いながら、事業開発案件の相談窓口といった事務局機能を担っていく。

これまでも、博報堂は講談社、トムス・エンタテインメントと共同でクリケット版「巨人の星」“Suraj The Rising Star”(スーラジ・ザ・ライジング・スター)をインドでテレビアニメとして放送。また、博報堂DYメディアパートナーズも媒体社やコンテンツホルダーとの協業で、コンテンツの海外輸出を進め、導入国の文化・市場性などと融合させながら、他産業のビジネス機会開発に積極的に取り組んできた。


みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。

注目観光局 セレクト5SPONSORED

トラベルボイスが注目する観光局の特設サイトです。ロゴをクリックすると注目観光局のインタビューやニュースを一覧することができます。

観光産業ニュース「トラベルボイス」編集部から届く

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…