台湾観光局、新しい観光親善大使に雅楽師・東儀秀樹さんを任命

台湾観光局は、幅広いジャンルに向けた観光プロモーションを行うことを目的に新しい観光親善大使として雅楽師の東儀秀樹氏を任命した。(写真は左:東儀氏、右:台湾観光局の張副局長)

東儀氏が観光親善大使に任命されたのは、昨年11月に開催された「RALLY NIPPON 2013 in TAIWAN」に同氏が参加した経緯から。このイベントは、一般財団法人ラリーニッポンが主催したもので、東日本大震災発生時の義援金や救済人員派遣などの支援に感謝を示すことを目的にクラッシックカー60台で台湾1周した。東儀氏は同法人の評議員をつとめている。


東儀秀樹氏

このほど開催された観光親善大使任命楯の授与式で、東儀氏は任命されたことが「日本人として誇り」として、台湾のアピールを大使としての役割だけでなく「やりたくなってしまう」と、旅を通じて「台湾贔屓になった」心境を語った。また、旅が車であったことから普通の生活をする人々と触れ合うことができ、その際に印象に残ったのが笑顔のコミュニケーションだったという。今後、同氏は台湾でのコンサートも視野にいれながら、積極的に台湾と日本をつなぐ役割を果たしていく意気込みを表明した。

なお、東儀氏は台湾観光局の親善大使として5人目の任命。日本人では過去に歌手の小林幸子さん、福山雅治さんが、台湾人ではプロ野球のヨウ・ダイカンさん、モデルのリン・チーリンさんが任命されている。

(トラベルボイス編集部:山岡薫)


みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。