スカンジナビア航空、長距離路線をアップグレード、WiFiも可能に

スカンジナビア航空(SK)は2015年1月から順次、長距離路線のインテリアを大幅にアップグレードする。全クラスで座席やインテリア、機内エンターテイメントシステムをリニューアルするほか、機内でのWiFi利用も可能となる。

また、ビジネスクラスはすべての座席を通路側とし、マッサージ機能を付けたフラットシートを導入。アップグレードは1年間をかけて行ない、長距離路線すべての機体で終了する。

なお、スカンジナビア航空の長距離路線はニューヨーク、シカゴなどと並んで東京も含まれている。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。